ETFの運用方法

成行と指値はどっちがいい?ETFの注文方法の違いについて

ETFの注文方法についてこのように思ったことはないでしょうか?

「成行」と「指値」って何?

どっちで注文したほうがいいんだろう?

「成行」と「指値」という言葉について聞いたことはあるがよくわからない。

この記事を読むことでそのような疑問を解消することができます。

この記事でわかること

この記事を読むことで以下のことがわかります。

  1. 注文方法について
  2. 注文の際の注意点
  3. どっちがオススメ

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    注文方法について

    注文方法は2種類あります。

    1. 成行注文
    2. 指値注文

      それぞれ詳しく見ていきましょう。

      成行注文

      金額にこだわらずすぐに売買が成立する注文方法です。

      以下のような特徴があります。

      1. 取引がすぐに成立する
      2. 売買のストレスが少ない
      3. 損切りに向いている

        あまり難しいことを考えなくてよくて注文が簡単です。

        こういう時に使うといい!

        すぐに売買が成立するため、売りの際の損切りに向いてます。

        また、短期の値動きがあまり関係ない
        「つみたて投資」の際にも成行注文を使うといいですね。

        損切りは損失を大きくしないためにも必ず成行で注文するようにしましょう!

        指値注文

        指定した金額で売買することができる注文方法です。

        特徴は以下の通りです。

        1. 希望価格で売買できる
        2. 利益計算がしやすい
        3. デイトレードなどに向いている

          状況によって「指値注文」も使いこなせるといいですね。

          こういう時に使うといい!

          デイトレードなどの短期売買にはうってつけの注文方法です!

          また、1つの取引で具体的な目標値がある方にもうってつけです。

          売買のマイルールがすでにある方はぜひ活用していきましょう。

          派生形で逆指値注文が存在する。

          注文の際の注意点

          それぞれ、注意点について見ていきましょう。

          成行注文

          成行注文の注意点は以下の通りです。

          1. 予想外の価格で売買が成立するかもしれない
          2. 損益の計算が立ちにくい
          3. 短期取引に向いてない

            予想外の価格で売買が成立するかもしれない

            金額にこだわらない注文のため、思ったより安く売れてしまうことが起きてしまいます。

            「大統領の交代」など相場が荒れそうなときは要注意!

            損益の計算が立ちにくい

            成行注文は注文した時点では金額がわからないため、損益の計算がしにくいです。

            「いくらで買って、いくらで売りたいと」決まっているなら指値がオススメ!

            短期取引に向いてない

            「デイトレード」などの「利ザヤ」を抜くような取引方法には向いていません。

            短期取引は指値注文を活用していきましょう。

            「デイトレード」などをする時は取引の「目標値」を決めて取引しましょう。

            指値注文

            指値注文の注意点は以下の通りです。

            1. なかなか売買が成立しない
            2. 価格と期間の設定が難しい
            3. 取引相手に有利な条件から順に約定する

              なかなか売買が成立しない

              売買は需要と供給が一致しないと成立しません。

              「損切り」などのいち早く約定させないといけない場面では使わないほうがいいです。

              「損切り」は必ず「成行」で行いましょう。

              価格と期間の設定が難しい

              価格と期間を設定しなくてはいけません。

              「何円だといつ売れる」

              というのがはっきりしないため設定が難しいです。

              取引相手に有利な条件から順に約定する

              取引相手に有利な条件から優先的に取引が成立が成立します。

              「買付時」は高い指値から順に約定します。
              「売却時」は低い指値から順に約定します。

              「取引している人」は全員安く買って高く売りたいから
              このようなことが起こるんですね。

              約定の為には「自分の目標値」と「相場」のすり合わせが大事です。

              ある程度の妥協点を持っておきましょう。

              どっちがオススメ

              結局どちらで注文すればいいかわからないと思うんですね。

              よくわからない人は「成行注文」がオススメです。

              オススメは成行注文

              理由として以下のものがあります。

              1. 難しいことを考えなくていい
              2. 短期売買でない限り特にデメリットがない
              3. 注文のストレスが少ない

                難しいことを考えなくていい

                成行注文は板を気にせず買うことができます。

                そのため、難しいことを考えなくていい

                短期売買でない限りデメリットがない

                短期売買じゃないと特に目立ったデメリットはありません。

                つみたて投資などの長期投資の場合、短期の値動きが資産運用に与える影響はかなり小さいです。

                つみたて投資は指値で買えなかったほうがデメリット大きい

                注文のストレスが少ない

                指値注文のように約定に時間がかかりません。

                「ちゃんと約定したかな・・・」

                こんなことを考える必要がありません。

                約定の成立を悩まなくていいのは良いですよね。

                まとめ

                「成行」「指値」それぞれの特徴や注意点はつかめたでしょうか?

                ETFを注文する際はそれぞれの特徴や注意点を振り返ってみてください。

                それでは引き続き快適な投資生活を送ってください。

                自分の投資目的や投資手法にあった注文方法をとりましょう。

                -ETFの運用方法
                -, , ,