海外ETF

米国株ETF初心者にオススメ!VOO!

タプブタ
こんにちは!タプブタ(@72NsnNj0RcoM9qx)です。

あなたはVOOという言葉を聞いたことがありますか?

「横文字だらけでよくわからない・・・」

「ETFを買ってみたいけど何からやったらいいかわからない・・・」

という方が非常に多いと思います。

そんなETF初心者の方にはVOOがオススメです。

この記事で分かること

この記事を読むことで以下のことが分かります。

  1. 特徴
  2. 投資するのがオススメの人
  3. デメリット・注意点
タプブタ
では詳しく見ていきましょう。

特徴

VOOには以下の特徴があります。

  1. アメリカの有名500社に分散投資している
  2. ETFで最安値の年コスト0.003%
  3. 3か月に1回お金が入ってくる

ちなみにVOOは私が保有している銘柄でもあります。
下の画像が保有ETFの一覧の画面です。

タプブタ
かなり魅力的なETFなのでくわしく紹介していきますね。

アメリカの有名500社に分散投資している

ETFで一番大切なのがどこに投資しているかなんですね。

その中身がアメリカの有名会社500社なんですね。

このアメリカの有名会社500社の平均株価がS&P500指数と呼ばれたりもします。

こちらもCHECK

no image
S&P500とは?特徴と今後についてわかりやすく解説

あなたはS&P500という言葉を聞いたことはありますか? こういった感想がほとんどだと思います。 ほとんどの人があまりなじみのない言葉だと思うんですね。 この記事を読むことでS&P50 ...

続きを見る

株主還元意識の強いアメリカ

アメリカの会社は日本の会社と比べて株主還元の意識が非常に強いんです。
日本の会社は30年増配の会社が化粧品で有名な花王だけなのに対して、アメリカの会社は30年以上増配企業がゴロゴロあります。

ETFで最安値の年コスト0.03%

投資をしていると、気になってくるのが年間のコストです。
長く投資すればするほど馬鹿にならなくなってきます。
一般に年コスト0.2%を超えるとコストとしては高いと言われています。

タプブタ

VOOの信託報酬は0.03%です。

このコストの安さは圧倒的です。

3か月に1度分配金が入ってくる

実はVOOを持っていると3か月に1度お金が入ってきます。
一口持っていると3か月に1度100円ほど入ってきます。(2020/12現在)

タプブタ
投資額が増えればバカにならない金額になってきます。

こんな人たちにオススメ!

また、初心者以外にもこんな方にオススメです。

  1. おおざっぱでほったらかしがいい方
  2. 今後もアメリカが世界の中心だと信じてる方
  3. 豊かな老後を目指している人

そんな人たちには間違いなく強い味方になってくれます。

タプブタ
オススメの理由について詳しく見ていきましょう。

おおざっぱでほったらかしがいい方

S&P500指数をはじめとしたインデックス投資はほぼやることがありません。

愚直にドルコスト平均法で積み立てていくだけです。

しいてやることがあるとすると「引退時の取り崩し」です。

ここについてはまた別の記事で解説したいと思います。

タプブタ
他の金融商品で取引を繰り返してきた人には少々退屈かもしれませんね

今後もアメリカが世界の中心だと信じてる方

過去10年はアメリカ1強の時代と言われていました。

投資家の成績はいかにアメリカの株式に投資できたかと言われていました。

ただ今後10年アメリカが同じような成績を残せるとは限りません。

タプブタ

ベンチャー企業が誕生しやすい風土を考えると

今後も投資先として外せないかもしれませんね。

ベンチャー企業が誕生しやすい風土を考えると
今後も投資先としては外せないかもしれませんね。

他の国の成長性に期待したいのなら以下のETFがオススメです。

  1. 全世界株式のVT
  2. 日本ならJPX400連動の1591
  3. 中国ならMSCI CHINA INDEX連動の2801

豊かな老後を目指している人

VOOは長期の資産形成には最適のETFだと言えます。

そのため、以下のようなことを考えている人には向いていると言えます。

  1. 豊かな老後を過ごしたい
  2. 20~30年後の資産の最大化を目指している
タプブタ
2~3年で資産を倍に増やしたいと考えない人は優良な投資先になります。

デメリット・注意点

VOOはいいところも多いんですが、デメリットもあるんですね。
デメリットとしては下の3つになります。

  1. 中身がアメリカの会社しか入ってない
  2. 中小企業にはほとんど投資していない
  3. 高配当ETFに比べると配当金が少ない
タプブタ
それぞれ詳しく見ていきましょう。

中身がアメリカの会社しか入ってない

アメリカの経済の調子が悪いと値段がガクッと落ちてしまうんです。
そんな時にパニックを起こさないように注意しましょう。

ひどい時には買った値段の半分になることも・・・

タプブタ

値動きのあまりない債権などの資産を持っておくと安心です。

ポートフォリオの作り方についてはまた別の記事で解説していきます。

中小企業にはほとんど投資していない

アメリカの有名500社に投資しているため、ベンチャー企業がほとんど入っていないんです。
そのため、ベンチャー企業ですごく成長する会社が出てきた場合は成長の恩恵をあまり受けることができません。

タプブタ

ベンチャー企業も一緒に投資したい方は

アメリカ全体に投資するVTIをお勧めします。

ベンチャー企業にだけ投資したい場合

ベンチャー企業などのグロース銘柄に特化したETFである
VUGや,QQQに投資することをオススメします。

こちらもCHECK

no image
株価は?デメリットは?米ハイテク株ETF!QQQ

あなたはこんなことを考えたことはないでしょうか? そんなあなたにぴったりのETFがQQQです。 QQQに投資するとGAFAMをはじめとしたアメリカのハイテク産業に丸っと投資できます。 目次1 この記事 ...

続きを見る

高配当ETFに比べると配当金が少ない

また、高配当ETFに比べると
分配金はどうしても少なくなってしまいます。

  1. 月々の収入を増やしたい
  2. FIREを目指している

こういった方たちにはあまりオススメできません。
以下の高配当ETFに投資することをオススメします。

  1. VYM
  2. HDV
  3. SPYD
タプブタ
高配当ETFについてはまた別の記事で詳しく説明していきたいと思います。

こちらもCHECK

no image
【必見】メリットとデメリットは?月々の収入を強化‼高配当株投資の魅力について

この記事では高配当株投資のメリット・デメリットについて徹底的に解説していきます。 タプブタなるべく専門用語を使わずにわかりやすく説明します。 この記事はこんな悩みを持つ人にオススメです。 こんな方にお ...

続きを見る

まとめ

VOOは7000種類以上あるETFの中でも
トップクラスで優秀なETFです。

特に長期の資産形成を考えている方には強い味方になってくれます。
この記事を読んで、メリット・デメリットを理解することができた
かつ、自分に向いてるなと思った方はVOOから投資を始めてみてはいかがでしょうか?

-海外ETF
-, , , , , ,