オススメの証券会社

メリットとデメリットは?初心者にオススメのネット証券‼松井証券とは?

この記事では松井証券について徹底的に解説していきます。

タプブタ
なるべく専門用語を使わずわかりやすく解説していきます。

この記事は以下のような悩みを持つ人にオススメです。

こんな方におすすめ

  • 松井証券の手数料は他の証券会社に比べて安いのかな?
  • 松井証券を使うメリットって何かな?
  • デメリットはあるの?
タプブタ
こういった不安があるとなかなか利用しようとは考えないですよね?

ということで松井証券についてまとめてみました。

松井証券とは?

日本初のネット証券会社

松井証券は、1918年に創設された老舗の証券会社です。

1995年に日本で初めて本格的にインターネット証券に参入した企業として知られています。

また、東証1部上場企業でもありネット大手証券会社のひとつに数えられます。

現在では株式を中心にしつつ、投資信託やFX、REITなど幅広い金融商品を取り扱っています。

松井証券のメリット

まずは松井証券で投資を始めるメリットを見てみましょう!

新規口座開設で200ポイント!

今なら新規で口座を開設することで200ポイントゲットできます。

松井証券のポイントはDポイントと交換できるのでお得です。

セキュリティが強い

このほか、システムの安定化に向けた取り組みや、セキュリティ対策なども評価されており、

インターネット事業にいち早く乗り出した証券会社としてノウハウの高さや各ツールには定評があります。

このように松井証券は老舗でありつつも常に革新性を持つ事業スタイルに対して、投資家から信頼と期待が寄せられているのが特徴です。

業界最低水準の取引手数料

松井証券の現物株の取引手数料は1日あたり50万円以下であれば無料です。

そのため小額での取引を考えている方には特にオススメです。

デメリット

海外株・ETF、債券などは取り扱っていない

松井証券は商品数が多い証券会社ではありますが、すべての金融商品を取り扱っているわけではありません。

例えば高利回りを狙える海外株式やETF、リスクを抑えた運用が期待できる債券などは取り扱っていないので留意しておきましょう。

なお、海外株などを扱っている複数の証券会社で口座を開設する場合、資産の管理や確定申告などが手間になることもあるので、

特に投資初心者の方はよく考えて決定することが大切です。

取引金額が大きくなると手数料が割高

松井証券の現物株の取引手数料は1日あたり50万円以下であれば無料です。

しかし、50万円を超えると100万円までが1,000円、200万円までは2,000円、

以下100万円ごとに1,000円の手数料が加算され、上限は10万円となります。

これはオンライン取引の手数料としては割高で、窓口や電話での取引に近い水準と言えます。

なお、各サービスによって手数料は異なるので、よく確認して利用しましょう。

タプブタ
高額での取引を考えている方は注意しましょう

ツールがそれぞれ独立している

松井証券はツールが豊富というメリットがあります。

しかし、ツールそれぞれが独立しているため、種類の多さが逆に不便に感じられることもあります。

例えば、取引をするにも株価ボードやチャートのアプリを開き、

情報収集用のアプリを開き、そしてオンライン取引用アプリを開いて取引をするなどの手間が必要となり、

急いで取引したい場合には不便な場合もあります。

取引に必要な機能が一括で入っているアプリを提供している証券会社も多い中、

松井証券では必要な機能に絞り込んだツールだけを利用して最適化できるメリットはありますが、

操作面や管理面で使いにくさを感じることもあり、改善を望む意見も寄せられています。

まとめ

今回は松井証券についてまとめてみました。

松井証券は投資初心者にオススメの証券会社です。

ツールを使って取引したい!

国内株の取り引きをしたい!

とお考えの方は松井証券での投資を検討してみてはいかがでしょうか?

MATSUI SECURITIES CARD

-オススメの証券会社
-, , , ,