海外ETF

【SPY】迷ったらオススメ世界一有名なETF【SPY】について

タプブタ
こんにちは!タプブタ(@72NsnNj0RcoM9qx)です。

 

S&P500に投資したいなぁ・・・ 

世界一有名なETFって何かな・・・

と考えたことはないでしょうか

そんなあなたに紹介したいのが【SPY】です。

この記事でわかること

  1. SPYとは
  2. SPYの特徴
  3. SPYに投資する際の注意点

チャート化したものを乗せておきますのでみてください。

SPYのオススメ度

SPY

成長性

コスト

分配金

初心者へのオススメ度
 
10
成長性
 
5
コスト
 
8
分配金
 
4

★チャートの見かた

初心者へのオススメ度:総合的に見て初心者へのオススメ度合いを判断

成長性:S&P500を基準とし、それより高ければ高得点

コスト:0.2%を基準とし、それより安ければ高得点

分配金:2%を基準とし、それより高ければ高得点

タプブタ
このように大変オススメのETFとなっております。

SPYとは

【SPY】とはステート・ストリート社が【S&P500】に連動したETFになります。

そして、世界初のETFでかつ運用資産残高【世界1位】のETFです。

ここではSPYの基本情報を以下の項目に沿ってみていきたいと思います。

  1. 組み入れ銘柄
  2. セクター別の割合
  3. 値動き
タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

基本情報

基本情報は以下の通りです。

  
組み入れ銘柄数505
運用資産残高34.8兆円
運用会社STATE STREET
対象指標S&P500
配当金(年4回)1.58$(2020/12)
分配金利回り1.64%
信託報酬0.09%
タプブタ
次に組み入れ銘柄を見てみましょう!

組み入れ銘柄

ETFで一番大事なのが中身の部分ですよね。

組み入れ銘柄をについてついては以下の通りになります。

ここでは上位10社をピックアップして紹介したいと思います。

上位10社

iphoneで有名なAppleをはじめとして有名企業がズラッと並んでいます。

タプブタ
上位10社だけで全体の25%以上占めるんですね

業種別の構成比

【SPY】を構成する業種を見ていきたいと思います

情報技術をはじめとした11の業種があります。

タプブタ
IT企業の勢いが強いため情報技術の構成比がかなり大きいですね

値動きについて

次に【SPY】の設定来の値動きを見てみましょう!

 

チャート

【SPY】は下のチャートは設定来の値動きを表したものになります。

設定来、右肩上がりで成長を続けてきました。

チャートの中で何か所か大きくへこんでいる個所は経済ショックの箇所になります。

設定来、以下の経済危機を経験してきました。

  1. 2000年【ITバブル】
  2. 2009年【リーマンショック】
  3. 2020年【コロナショック】

 

 

リターン

次に設定来のリターンを見てみましょう!

下のグラフは期間ごとの【SPY】のリターンを表したものになります。

【SPY】は設定来安定して10%以上のリターンを記録しています。

特にここ10年は最低でも13%の成長を記録し好調でした。

SPYの特徴

【SPY】の特徴として以下のようなものがあります。

  1. アメリカを代表する500社に分散投資ができる
  2. 世界初のETF
  3. 買付手数料無料で取引可能
タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

アメリカを代表する500社に分散投資ができる

【SPY】はアメリカの有名会社500社に分散投資できる【S&P500】と言われる連動しているETFです。

【S&P500】とはアメリカを代表する株価指数の1つです。

他に似た指数としてダウ平均やナスダック総合指数があります。

詳しくはこちらを参考にしてください。

こちらもCHECK

no image
S&P500とは?特徴と今後についてわかりやすく解説

あなたはS&P500という言葉を聞いたことはありますか? こういった感想がほとんどだと思います。 ほとんどの人があまりなじみのない言葉だと思うんですね。 この記事を読むことでS&P50 ...

続きを見る

世界初のETF

【SPY】は1993年に設定された世界初のETFになります。

設定以来、今日まで【運用資産残高1位】を守り続けている人気のETFです。

参考に世界の運用資産残高のランキングと設定日を見てみましょう!

順位銘柄名連動指数運用資産残高設定年月日
1位SPYS&P500 34.8兆円1993/1/29
2位IVVS&P50025.2兆円2000/5/15
3位VTICRSP USトータルマーケット・インデックス21.5兆円2001/5/31
4位VOOS&P50018.9兆円2010/9/7
5位QQQNASDAQ10015.6兆円1993/3/10
6位1306TOPIX14.8兆円2001/7/11
7位VEAFTSE 先進国(除く北米)9.4兆円2007/7/20
8位AGGブルームバーグ・バークレイズ 米国総合指数8.8兆円2003/9/22
9位1321日経平均7.9兆円2001/7/9
10位VWOFTSE エマージング指数7.7兆円2005/3/10

買付手数料無料で取引可能

【SPY】はSBI証券をはじめとした

多くのネット証券で買付手数料無料で購入することが可能です。

通常であればETFは0.45%の買付手数料が発生するため

大変お得に購入することができます。

SPYに投資する際の注意点

日経平均はとても魅力的な株価指数ですが、問題点もあるんですね。

問題点も株価の推移を理解するために大切な要素です。

こちらもわかりやすいように3つにしぼりました。

問題点として3つあります。

  1. 【S&P500】に連動したETFで最安値ではない
  2. 短期間で資産を2~3に増やすことはできない
タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

【S&P500】に連動したETFで最安値ではない

【SPY】は【S&P500】に連動したETFで最安値ではありません。

【S&P500】に連動したETFで他に【VOO】や【IVV】があります。

そういったETFに比べると若干信託報酬は高くなります。

短期間で資産を2~3に増やすことはできない

SPYはでの投資で1~2年の短期間で資産を2~3倍に増やすことは難しいです。

資産を短期間で増やしたい場合は

グロース株投資やレバレッジ商品に投資することをオススメします。

↓グロース株投資はこちら↓

こちらもCHECK

↓レバレッジ投資はこちら↓

こちらもCHECK

まとめ

【SPY】は世界を代表するETFの1つです。ここ10年の推移は好調です。

将来の資産形成の核になるのは間違いありません。

特徴と問題点をとらえて今後の投資の材料にしていきましょう!

タプブタ
これからもいい投資ライフを!

-海外ETF
-, , , , ,