海外ETF

【必見】株価は?チャートは?全米にまるっと投資できるETF【VTI】について

この記事ではVTIのチャートなどの特徴について徹底的に解説していきます。

 

こんな方におすすめ

  • VTIのチャートってどんな感じだろう
  • インデックス投資にいいETFはないかな?


タプブタ
VTIの解説ってなかなかネットに転がっていないですよね?

ということでVTIの特徴についてまとめてみました。

VTIとは?

【VTI】とは運用は【ヴァンガード社】が運用している【CRSP USトータル・マーケット・インデックス】と呼ばれる指数に連動したETFです。

ここでは【VTI】について以下の内容に沿ってみていきたいと思います。

基礎情報

まずは基本情報についてみてみましょう

基本情報


  
組み入れ銘柄数3531
運用資産残高34.8兆円
運用会社ヴァンガード
対象指標CRSP USトータル・マーケット・インデックス
配当金(年4回)0.78$(2020/12)
分配金利回り1.53%
信託報酬0.03%

タプブタ
分散がほどよく信託報酬も安いです!


組み入れ銘柄

次に組み入れ銘柄についてみてみましょう。

全体のバランス

まずは全体のバランスです。

ここでは以下の視点でバランスを見ていきたいと思います。

  1. 時価総額
  2. 投資スタイル

右の図はヴァンガード社が出している

【概況報告書】の抜粋になります。

【VTI】は米国の時価総額のほぼ100%をカバーしています。

ただ、時価総額の8割が【S&P500】にあげられるような大型株が占めています。

そのため、【ETFの重心】は大型寄りとなっています。

次に投資スタイルについてです。

【VTI】はブレンド型のファンドに分類されるETFです。

はてな

ブレンド型・・・バリュー株とグロース株の中間の性質をもったファンドのこと

バリュー株・・・投資スタイルの一つ。企業利益や資産額に対して割安な評価を受けている銘柄のこと

グロース株・・・企業価値の成長性に主眼を置いた銘柄のこと。

上位10銘柄

次に上位10銘柄についてみていきましょう。

上位10銘柄は以下のようになっています。

銘柄名組み入れ比率
Apple5.29%
Microsoft4.59%
Amazon.com3.6%
Facebook1.63%
Tesla1.40%
alphabet1.38%
alphabet1.28%
Johnson &  Johnson1.08%
Barkshire Hathaway1.08%
JpMorgan  Chase & co.1.01%

タプブタ
上位10銘柄で20%以上を占めるんですね!

セクター

次に業種のバランスです。

【VTI】の中身の銘柄は11の業種に分けることができます。

業種のバランスは以下のようになります。

セクター


銘柄名組み入れ比率
テクノロジー26.6%
一般消費財16.7%
ヘルスケア14.0%
資本財13.3%
金融10.4%
生活必需品5.0%
不動産3.4%
電気通信3.3%
公益2.9%
エネルギー2.5%
素材,,1.9%

値動き

 

次に【VTI】の値動きについてみてみましょう。

下の画像は【VTI】の設定来の値動きです。

【VTI】の設定来の値動き 2021年2月現在

タプブタ
長期的にみるとずっと右肩上がりを続けています。

設定来のリターンの推移

次に設定来のリターンの推移をみてみましょう。

【VTI】は設定来7%以上の

リターンを記録しています。

一般的に株式のリターンは5%程度と

いわれているので平均よりいいといえます。

VTIの特徴

【VTI】の特徴として以下のようなものがあります。

VTIとは?


  1. アメリカ全体に投資できる
  2. ヴァンガード社最大のETF
  3. 業種のバランスがいい

タプブタ
それでは【VTI】の特徴について詳しく見ていきましょう!

アメリカ全体に投資できる

【VTI】はアメリカ全体に分散投資できるETFです。

【CRSP USトータル・マーケット・インデックス】という

指数に連動しています。

米国の代表的な株式指数の1つで、

3500を超える米国株式の時価総額のおおよそ平均を表すものです。

アメリカで上場する株式数は4,000企業ほどなので、

米国株式市場の90%以上を網羅できていることになります。

他に似た指数として以下のものがあります。

VTIとは?


  1. s&p500
  2. ラッセル2000
  3. ダウ平均
  4. ナスダック総合指数

があります。

詳しくはこちらを参考にしてください。

こちらもCHECK

no image
S&P500とは?特徴と今後についてわかりやすく解説

あなたはS&P500という言葉を聞いたことはありますか? こういった感想がほとんどだと思います。 ほとんどの人があまりなじみのない言葉だと思うんですね。 この記事を読むことでS&P50 ...

続きを見る

こちらもCHECK

no image
【ナスダック総合】気になる株価は?アメリカの優良指数ナスダック総合指数について

タプブタこんにちは!タプブタ(@72NsnNj0RcoM9qx)です。 あなたはナスダックという言葉を聞いたことはありますか?     こういった感想がほとんどだと思います。 ほとんどの人があまりなじ ...

続きを見る

ヴァンガード社のETF

【VTI】はヴァンガード社が運用する有名なETFです。

ヴァンガード社といえば信託報酬が安くすることで有名です。

【VTI】自身ここ10年で信託報酬が下がりました。

今後も運用総額が増えるとさらに下がる可能性が高いです。

 

買付手数料無料

【VTI】は多くの証券会社で買付手数料無料で取引することができます。

買付手数料無料の証券会社は以下の証券会社になります。

買付手数料無料


  1. SBI証券
  2. 楽天証券
  3. マネックス証券

投資する際の注意点

【VTI】はとても魅力的な株価指数ですが、問題点もあるんですね。

問題点として3つあります。

投資する際の注意点


  1. ライバルのETFが魅力的なものが多い
  2. ヴァンガード社最大のETF
  3. 短期間で資産を2~3に増やすことはできない

タプブタ
それでは問題点について詳しく見ていきましょう!

ライバルETF

以下のETFがライバルとして上がってきます。

ライバルETF


  1. SPY
  2. IVV
  3. VOO

詳しくはこちらを参考にしてください。

こちらもCHECK

no image
【SPY】迷ったらオススメ世界一有名なETF【SPY】について

タプブタこんにちは!タプブタ(@72NsnNj0RcoM9qx)です。   と考えたことはないでしょうか そんなあなたに紹介したいのが【SPY】です。 この記事でわかること SPYとは SP ...

続きを見る

こちらもCHECK

no image
【IVV】株価の推移は?オススメETF【IVV】について

タプブタこんにちは!タプブタ(@72NsnNj0RcoM9qx)です。 S&P500に連動してるETFないなぁ・・・  将来有望なETFって何かな・・・ と考えたことはないでしょうか そんなあ ...

続きを見る

こちらもCHECK

no image
米国株ETF初心者にオススメ!VOO!

タプブタこんにちは!タプブタ(@72NsnNj0RcoM9qx)です。 あなたはVOOという言葉を聞いたことがありますか? という方が非常に多いと思います。 そんなETF初心者の方にはVOOがオススメ ...

続きを見る

タプブタ
どれも魅力的なETFばかりです。

短期間で資産を2~3に増やすことはできない

【VTI】への投資では1~2年の短期間で資産を2~3倍に増やすことは不可能です。

資産を短期間で増やしたい場合は

グロース株投資やレバレッジ商品に投資することをオススメします。

まとめ

【VTI】についてはいかがでしたでしょうか?

【VTI】は世界を代表するETFの1つです。ここ10年の推移は好調です。

特徴と問題点をとらえて今後の投資の材料にしていきましょう!

おさらい

最後に【VTI】についておさらいです。

【VTI】の特徴は以下のの通りです。

VTIとは?


  1. アメリカ全体に投資できる
  2. 買付手数料無料で取引できる証券会社がある
  3. 短期間で資産を2~3に増やすことはできない

タプブタ
それでは今後もいい投資ライフを!

-海外ETF
-, , , , , ,