海外ETF

【VWO】新興国に丸っと投資できるETF【VWO】の魅力とは?

タプブタ
こんにちは!タプブタ(@72NsnNj0RcoM9qx)です。

あなたはこのようなことを考えたことはないでしょうか?

中国に投資したいけどいいETFはないかな・・・

成長性が高い市場に投資したいな・・・

こういったことを考えている人は多いと思うんですね。

今回はそういった方にオススメのETFであるVWOについて紹介したいと思います。

この記事を読むことで以下のことがわかるようになります

  1. VWOの基本情報
  2. VWOの特徴
  3. 注意点
  4. 今までの値動き
タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

VWOの基本情報

ここでは、VWOの基本情報と私の評価を紹介したいと思います。

基本情報は以下の通りです。

銘柄数5003
運用資産残高796億$
運用会社バンガード
配当金0.953
配当利回り1.79
経費率0.10%
設定日2005/3/4
2021/1 現在

 

タプブタ
これだけだと非常に分かりにくいのでわかりやすくチャート化したものを載せておきます。

VWOの基本情報チャート

VWO

成長性

コスト

分配金

初心者へのオススメ度
 
4
成長性
 
4
コスト
 
8
分配金
 
4

総合的に見て初心者へのオススメ度合いを判断

S&P500を基準とし、それより高ければ高得点

0.2%を基準とし、それより安ければ高得点

2%を基準とし、それより高ければ高得点

VWOの特徴

新興国【VWO】の特徴として以下のものがあります。

  1. 新興国に幅広く投資できる
  2. ハイテク産業の成長性が期待できる

 

タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

新興国に幅広く投資できる

VWOは1本で新興国に丸っと投資することができます。

世界23カ国以上の国や地域の5003銘柄に分散投資することができます。

新興国の特徴として以下のようなものがあります。

  1. 人口が多い国が多い
  2. 今後も人口の増加が期待される
  3. 高い成長性が期待できる
タプブタ
新興国の未来は明るそうですね!

 

タプブタ
新興国投資はVWO一本と言っても過言ではありません。

ハイテク産業の成長性が期待できる

VWOは中国・インドをはじめとしたハイテク産業に強い国々に多く投資をすることができます。

特に近年の中国のハイテク企業の勢いはすさまじいです。

アメリカのシリコンバレーの企業に匹敵する技術力を持っています。

上位4社を総称して【BATH】と呼んでいます。

BATH・・・中国の大手IT企業の総称
Baido」,「Aribaba」,「Tencent」,「HUAWEI」の頭文字を取って「BATH」と呼ばれている。

タプブタ
GAFAMに匹敵する企業も多く含まれます!

注意点

魅力的な点が多くある【VWO】ですが、新興国投資は注意点もたくさんあるんですね。

ここでは注意点について詳しく見ていきたいと思います。

  1. 法整備が未熟
  2. 不況に弱い
  3. 中国の成績の影響を受けやすい
タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

政情が不安定

新興国は先進国と比べると政情が不安定です

中には、クーデターや内戦がおこるような国も含まれます。

そのため、先進国と比較した場合リスクが大きくなります。

また金融の法整備がまだ未熟です。

インサイダー取引取引などがまだ横行している国もあります。

長期でみた場合今後規制が入って株価に影響を与える可能性があるため注意が必要です。

タプブタ
長期投資するうえで、政情が不安定なのは少しネックですね

不況に弱い

【VWO】は構成業種がテクノロジーや金融といった好景気に強いが不景気に弱い構成比率が高いため注意が必要です。

そのため、リスク許容度の低いひとはコア資産としての運用は控えるようにしましょう。

また、裏を返せば好況には非常に強いため、不況に強い銘柄と一緒に運用してリスクをコントロールしましょう!

タプブタ
【守りの資産】である債券や金の比率をうまくコントロールするのもいいですね!

中国の成績の影響を受けやすい

【VWO】は構成比率の50%以上を中国・台湾の2カ国が占めています。

そのため、この2カ国の経済の動きの影響を非常に受けやすい側面があります。

タプブタ
近年の中国の成長はすさまじいためもっと比率が増えるかもしれませんね

[temp id=2]

今までの値動き

設定来の値動き

設定来の値動き

2000年代前半

【VWO】は2000年代は新興国ブームのおかげもあって爆発的に成長しました。

2000年代はBRICKSに投資することが投資家のパフォーマンス

リーマンショック後

リーマンショック後は2000年代の成長が嘘かのように10年間は停滞してきました。

コロナショック後、ここ1年は以前のような成長性を見せるようになりました。

 

今後について

VWOとS&P500の過去5年のチャート

上は【VWO】とアメリカの【S&P500】を比較したものです。

オレンジが【VWO】で、青がアメリカの【S&P500】です。

ここ5年の成績は【S&P500】との成績の差はそこまでありません。

コロナショック後いち早く経済を立て直しているのは中国であるため、今後は米国以上の成績が期待できます。

タプブタ
不況に弱いと言われてきた【VWO】ですが、今回のコロナショックは違ったみたいですね・・・

 

まとめ

【VWO】はポートフォリオのエッセンスになるETFです。

新興国市場は今後も高い成長性が期待できる優秀な市場です。

VWOの特徴や注意点をしっかり理解して投資するようにしましょう!

 

タプブタ
この記事をいい機会に【VWO】に投資してみてはいかがでしょうか?

 

初心者へのオススメ度:

成長性:

コスト:

分配金:

総合的に見て初心者へのオススメ度合いを判断

S&P500を基準とし、それより高ければ高得点

0.2%を基準とし、それより安ければ高得点

2%を基準とし、それより高ければ高得点

VWOの特徴

新興国【VWO】の特徴として以下のものがあります。

  1. 新興国に幅広く投資できる
  2. ハイテク産業の成長性が期待できる

 

タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

新興国に幅広く投資できる

VWOは1本で新興国に丸っと投資することができます。

世界23カ国以上の国や地域の5003銘柄に分散投資することができます。

新興国の特徴として以下のようなものがあります。

  1. 人口が多い国が多い
  2. 今後も人口の増加が期待される
  3. 高い成長性が期待できる
タプブタ
新興国の未来は明るそうですね!

 

タプブタ
新興国投資はVWO一本と言っても過言ではありません。

ハイテク産業の成長性が期待できる

VWOは中国・インドをはじめとしたハイテク産業に強い国々に多く投資をすることができます。

特に近年の中国のハイテク企業の勢いはすさまじいです。

アメリカのシリコンバレーの企業に匹敵する技術力を持っています。

上位4社を総称して【BATH】と呼んでいます。

BATH・・・中国の大手IT企業の総称
Baido」,「Aribaba」,「Tencent」,「HUAWEI」の頭文字を取って「BATH」と呼ばれている。

タプブタ
GAFAMに匹敵する企業も多く含まれます!

注意点

魅力的な点が多くある【VWO】ですが、新興国投資は注意点もたくさんあるんですね。

ここでは注意点について詳しく見ていきたいと思います。

  1. 法整備が未熟
  2. 不況に弱い
  3. 中国の成績の影響を受けやすい
タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

政情が不安定

新興国は先進国と比べると政情が不安定です

中には、クーデターや内戦がおこるような国も含まれます。

そのため、先進国と比較した場合リスクが大きくなります。

また金融の法整備がまだ未熟です。

インサイダー取引取引などがまだ横行している国もあります。

長期でみた場合今後規制が入って株価に影響を与える可能性があるため注意が必要です。

タプブタ
長期投資するうえで、政情が不安定なのは少しネックですね

不況に弱い

【VWO】は構成業種がテクノロジーや金融といった好景気に強いが不景気に弱い構成比率が高いため注意が必要です。

そのため、リスク許容度の低いひとはコア資産としての運用は控えるようにしましょう。

また、裏を返せば好況には非常に強いため、不況に強い銘柄と一緒に運用してリスクをコントロールしましょう!

タプブタ
【守りの資産】である債券や金の比率をうまくコントロールするのもいいですね!

中国の成績の影響を受けやすい

【VWO】は構成比率の50%以上を中国・台湾の2カ国が占めています。

そのため、この2カ国の経済の動きの影響を非常に受けやすい側面があります。

タプブタ
近年の中国の成長はすさまじいためもっと比率が増えるかもしれませんね

[temp id=2]

今までの値動き

設定来の値動き

設定来の値動き

2000年代前半

【VWO】は2000年代は新興国ブームのおかげもあって爆発的に成長しました。

2000年代はBRICKSに投資することが投資家のパフォーマンス

リーマンショック後

リーマンショック後は2000年代の成長が嘘かのように10年間は停滞してきました。

コロナショック後、ここ1年は以前のような成長性を見せるようになりました。

 

今後について

VWOとS&P500の過去5年のチャート

上は【VWO】とアメリカの【S&P500】を比較したものです。

オレンジが【VWO】で、青がアメリカの【S&P500】です。

ここ5年の成績は【S&P500】との成績の差はそこまでありません。

コロナショック後いち早く経済を立て直しているのは中国であるため、今後は米国以上の成績が期待できます。

タプブタ
不況に弱いと言われてきた【VWO】ですが、今回のコロナショックは違ったみたいですね・・・

 

まとめ

【VWO】はポートフォリオのエッセンスになるETFです。

新興国市場は今後も高い成長性が期待できる優秀な市場です。

VWOの特徴や注意点をしっかり理解して投資するようにしましょう!

 

タプブタ
この記事をいい機会に【VWO】に投資してみてはいかがでしょうか?

 

★チャートの見かた

初心者へのオススメ度:

成長性:

コスト:

分配金:

総合的に見て初心者へのオススメ度合いを判断

S&P500を基準とし、それより高ければ高得点

0.2%を基準とし、それより安ければ高得点

2%を基準とし、それより高ければ高得点

VWOの特徴

新興国【VWO】の特徴として以下のものがあります。

  1. 新興国に幅広く投資できる
  2. ハイテク産業の成長性が期待できる

 

タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

新興国に幅広く投資できる

VWOは1本で新興国に丸っと投資することができます。

世界23カ国以上の国や地域の5003銘柄に分散投資することができます。

新興国の特徴として以下のようなものがあります。

  1. 人口が多い国が多い
  2. 今後も人口の増加が期待される
  3. 高い成長性が期待できる
タプブタ
新興国の未来は明るそうですね!

 

タプブタ
新興国投資はVWO一本と言っても過言ではありません。

ハイテク産業の成長性が期待できる

VWOは中国・インドをはじめとしたハイテク産業に強い国々に多く投資をすることができます。

特に近年の中国のハイテク企業の勢いはすさまじいです。

アメリカのシリコンバレーの企業に匹敵する技術力を持っています。

上位4社を総称して【BATH】と呼んでいます。

BATH・・・中国の大手IT企業の総称
Baido」,「Aribaba」,「Tencent」,「HUAWEI」の頭文字を取って「BATH」と呼ばれている。

タプブタ
GAFAMに匹敵する企業も多く含まれます!

注意点

魅力的な点が多くある【VWO】ですが、新興国投資は注意点もたくさんあるんですね。

ここでは注意点について詳しく見ていきたいと思います。

  1. 法整備が未熟
  2. 不況に弱い
  3. 中国の成績の影響を受けやすい
タプブタ
それでは詳しく見ていきましょう!

政情が不安定

新興国は先進国と比べると政情が不安定です

中には、クーデターや内戦がおこるような国も含まれます。

そのため、先進国と比較した場合リスクが大きくなります。

また金融の法整備がまだ未熟です。

インサイダー取引取引などがまだ横行している国もあります。

長期でみた場合今後規制が入って株価に影響を与える可能性があるため注意が必要です。

タプブタ
長期投資するうえで、政情が不安定なのは少しネックですね

不況に弱い

【VWO】は構成業種がテクノロジーや金融といった好景気に強いが不景気に弱い構成比率が高いため注意が必要です。

そのため、リスク許容度の低いひとはコア資産としての運用は控えるようにしましょう。

また、裏を返せば好況には非常に強いため、不況に強い銘柄と一緒に運用してリスクをコントロールしましょう!

タプブタ
【守りの資産】である債券や金の比率をうまくコントロールするのもいいですね!

中国の成績の影響を受けやすい

【VWO】は構成比率の50%以上を中国・台湾の2カ国が占めています。

そのため、この2カ国の経済の動きの影響を非常に受けやすい側面があります。

タプブタ
近年の中国の成長はすさまじいためもっと比率が増えるかもしれませんね

[temp id=2]

今までの値動き

設定来の値動き

設定来の値動き

2000年代前半

【VWO】は2000年代は新興国ブームのおかげもあって爆発的に成長しました。

2000年代はBRICKSに投資することが投資家のパフォーマンス

リーマンショック後

リーマンショック後は2000年代の成長が嘘かのように10年間は停滞してきました。

コロナショック後、ここ1年は以前のような成長性を見せるようになりました。

 

今後について

VWOとS&P500の過去5年のチャート

上は【VWO】とアメリカの【S&P500】を比較したものです。

オレンジが【VWO】で、青がアメリカの【S&P500】です。

ここ5年の成績は【S&P500】との成績の差はそこまでありません。

コロナショック後いち早く経済を立て直しているのは中国であるため、今後は米国以上の成績が期待できます。

タプブタ
不況に弱いと言われてきた【VWO】ですが、今回のコロナショックは違ったみたいですね・・・

 

まとめ

【VWO】はポートフォリオのエッセンスになるETFです。

新興国市場は今後も高い成長性が期待できる優秀な市場です。

VWOの特徴や注意点をしっかり理解して投資するようにしましょう!

 

タプブタ
この記事をいい機会に【VWO】に投資してみてはいかがでしょうか?

 

-海外ETF
-, , , ,